企業買収

ヴイエムウェア、SDN-WAN手がける新興企業VeloCloudを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-06 10:30

 VMwareは米国時間11月2日、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)を手がけるVeloCloud Networksを買収するための正式契約を締結したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、VeloCloudはこれまでの資金調達ラウンドで8400万ドルを調達している。

VMwareがSDN-WANの新興企業VeloCloudを買収へ
提供:iStock

 VeloCloudは、SD-WAN市場に破壊的な変革をもたらそうとしている有力企業の1つだ。SD-WAN市場はこれまで、ハードウェアベースのソリューションを有するCisco Systemsといったネットワークベンダーがリードしてきている。

 VMwareは今回の買収により、VeloCloudのテクノロジや知的財産のほか、AT&TやSprint、Windstreamなどの顧客ベースを通じて自社のSDNポートフォリオの拡充を目指す。

 VMwareの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は「デジタル時代において、データセンターというモデルから、エッジ部分でのデータのセンター群というモデルに移行するなかで、アプリケーションやデータの大規模な分散(という課題)を解決するには新たなネットワーキングアプローチが必要となる」と述べるとともに、「業界をリードするVeloCloudのSD-WANテクノロジが加わることで、インフラに依存しない、自動化されたセキュアなネットワーキングをWANにもたらすという『VMware NSX』のアプローチを拡充できるようになる」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]