編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
ランサムウェア

新種のランサムウェア「GIBON」が拡散中

Charlie Osborne (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-11-07 10:20

 セキュリティ研究者が「GIBON」と呼ぶ新しいランサムウェアが登場した。ただし、その発信源は分かっていない。

 このランサムウェアは、メールセキュリティ企業ProofPointの研究者Matthew Mesa氏が先週発見したもので、不正な電子メールによって拡散されている。

 Lawrence Abrams氏の分析によると、GIBONという名称が付けられた理由は、このマルウェアが指令を受け取るためにコマンド&コントロール(C&C)サーバに接続するときに、GIBONというユーザーエージェント文字列を使用するためだ。また、管理パネルで自分のことを「Encryption Machine GIBON」(暗号化マシンGIBON)と名乗っている。

 このランサムウェアを配布するために作られた電子メールにはマクロが仕込まれており、標的のPCにマルウェアのペイロードをダウンロードして実行する。

 するとGIBONが活動を始め、デバイスを暗号化して身代金を要求するという仕組みだ。

 GIBONは、暗号化作業を開始するとC&Cサーバに接続し、Base64形式のコード化された文字列、タイムスタンプ、標的のPCに搭載されている「Windows」のバージョン、それに「register」(登録)という文字列を送信して、新しい被害者を登録する。

 被害者が登録されると、暗号鍵が生成されてC&Cサーバに送信される。この鍵でPC上のすべてのファイルが暗号化された後、身代金を要求するメッセージがC&Cサーバから表示される。

 GIBONは、Windowsフォルダ以外の場所にあるファイルなら、拡張子の種類に関係なくすべてファイルを暗号化する。

 すべてのファイルを暗号化して「.encrypt」という拡張子を付けると、GIBONは最後にpingをC&Cサーバに送り、「finish」(終了)という文字列、タイムスタンプ、Windowsのバージョン、暗号化したファイルの数を示すレコードを送信する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]