Dreamforce

“my”でSalesforceをパーソナライズ--開発者コミュニティTrailblazer支援強化 - (page 2)

末岡洋子

2017-11-09 07:00


Salesforceの製品体系。Trailhead、Einstein、Lightning、IoT、Heroku、Analytics、AppExchangeで構成されるSalesforce Platformの上にMarketing、Commerce、Service、Communities、Sales、Collaborationなどのクラウドサービスがある。

 各サービスはそれぞれの担当者が説明した。myTrailheadを説明したのは、Trailheadを率いる開発者リレーション担当シニアバイスプレジデントのSarah Franklin氏。Franklin氏はまず、「Trailheadは全員がTrailblazerになること、スキルを上げることを支援する。他のソフトウェア企業はやっていないユニークな取り組み」と胸を張る。Trailheadでビジネスや技術のスキルを学ぶとバッチが付与され、履歴書などで示すことができる。現在、バッチの種類は300以上あり、この1年のバッチの発行は400万に達した。1年前は120万だったというので、3倍以上増加していることになる。

 myTrailheadはSalesforce自身の成功から着想を得たようだ。「SalesforceはカスタマイズバージョンのTrailheadにより従業員のスキルをアップできた。顧客にこれを提供する」とFranklin氏、調査によると企業に勤務する71%が、自社にエンゲージを感じていないという。これは総じて3500億ドルの生産性損失につながっている、とFranklin氏は指摘した。

 myTrailheadでは、さまざまなソースからコンテンツを取り出して学習教材を作成できる「Trail Maker」などの機能を持ち、自社ブランドでカスタマイズしたインターフェースで提供できる。「これにより従業員をエンパワーでき、新しい時代に向けたスキルの獲得を促すことができる」「企業は自社従業員に投資しなければならない」とした。

 Einsteinは2016年のDreamforceでお披露目したSalesforceのAI技術だ。Einsteinについて説明したプロダクト担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのJohn Ball氏は、Einsteinの現状をアップデートし、EinsteinはSales、Commerce、Marketingなどほぼすべてのクラウドに入っており、「1日に4億7500万件予測が行われている」とEinsteinが広がり、ユーザーの利用につながっていることを強調した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]