海外コメンタリー

あらゆるものがサービスになる時代--XaaSの現状と将来予測

Charles McLellan (ZDNet UK) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年11月13日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット接続が、ある程度の通信速度と少ない遅延で一般に利用可能になって間もなく、さまざまな種類のサービスプロバイダーがそうした接続を利用して、容易に利用規模を拡大できるオンデマンドサービスの提供を始めた。

 多くの専門家は、現代のクラウドコンピューティング時代は、初めてのビジネスクラスのSaaS(サービスとしてのソフトウェア)アプリケーションであるSalesforceがスタートした1999年から始まったとみなしている。しかしもちろん、それ以前にも先駆者がいた。これにはアプリケーションサービスプロバイダー(ASP)も含まれるし、それ以前にはメインフレームで時分割方式で提供されるユーティリティコンピューティングもあった。

 今では何千ものSaaSアプリケーションが存在しており、提供者もインターネット大手企業からスタートアップまでさまざまだ。またクラウドコンピューティングの残る2つの柱には、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)とIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)があり、これらを提供する事業者はSaaSと比べると少ない。調査会社Gartnerは、これらの基礎的なクラウドサービスの特徴を、伝統的なITの提供方法と比較して次のように分析している。


提供:Gartner

 SaaSでは、サービスの消費者がデータをコントロールするが、ITスタックのほかの要素はすべてサービスプロバイダーによって管理されている。PaaSではそれにアプリケーション層が加わり、IaaSではOS層以上のすべてを消費者がコントロール下に置く。

 従来のオンプレミス(あるいはプライベートクラウド)のITと何が違うかは明らかだ。利用者は物理サーバや仮想サーバを詰め込んだデータセンター、ネットワーク、ストレージなどの整備や維持にかかるあらゆる金銭的コストを心配する必要がなくなる。AmazonやMicrosoft、Googleなどの大手サービスプロバイダーは、一般的な企業よりも、はるかに容易にこれらの問題を解決することができる。顧客は利用料さえ支払えばいい。

 「XaaS」(X as a Service、サービスとしてのX)の基本的なメリットは一般によく知られているが、これには設備投資費から運用費へのシフト(総所有コストの削減に繋がることが多い)、あらゆる規模の企業が、規模の経済を享受できるサービスプロバイダーにメンテナンスされた最新のテクノロジを利用できること、ビジネスの要件に従って容易に規模を拡大できること、新たなアプリケーションやビジネスプロセスの実装にかかる時間の短縮、スタッフやリソースをほかのプロジェクトや優先順位の高い事業に回せることなどが含まれる。

 もちろん、XaaS導入には潜在的なデメリットもある。例えばサービスの中断、セキュリティ、ガバナンスやコンプライアンスの問題、不十分なパフォーマンス、隠れたコスト(複数のクラウドサービスの統合や管理のコストや、場合によっては大量のデータを処理することによるコストなどを含む)、サービスプロバイダーへのロックイン、顧客サポートの問題などが挙げられる。

 これらの潜在的な問題の多くは、十分な計画と厳しく定められたサービス水準契約(SLA)によって最小限に抑えることができるが、そのためには、企業は油断なく事に当たる必要がある。またパブリッククラウドが、あらゆるワークロードやビジネスプロセスに適しているとは限らないことも認識する必要がある。

SaaSからXaaSへ

Gartner

 パブリッククラウドサービスがビジネスとして好調であることは疑いの余地がない。Gartnerの最新の予想では、2017年の世界的な総売上高は2602億ドルになる見込みで、これは2016年の2196億ドルと比べて18.5%大きい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算