ベリタス、Nutanixとのパートナーシップを拡大--新ビジネスを創出

NO BUDGET

2017-11-16 17:00

 ベリタステクノロジーズは11月14日、Nutanixとのパートナーシップの拡大を発表した。

 ベリタスの主力データ保護ソリューションである 「Veritas NetBackup 8.1」は、NutanixのネイティブハイパーバイザーであるNutanix AHV (Acropolis Hypervisor) の保護に関しての認定を受けた。また、NetBackup 8.1を通じて、両社のユーザーは、Nutanixエンタープライズクラウド内または他のパブリック、プライベート、ハイブリッドクラウド環境へのデータやワークロードの移動を迅速に最適化し、保護できるようになる。

 「Veritas CloudPoint」とNutanixのスナップショット運用管理用ネイティブハイパーバイザーであるAHVが統合されることで、データ保護とリカバリが簡素化される。シンプルなインターフェースを使って、仮想マシンや接続されたディスク上のデータと最新アプリケーションのスナップショットを作成でき、元の仮想マシンにスナップショットを復元したり、プライベート、パブリック、ハイブリッドクラウドでスナップショットを削除したりできるようになる。

 ベリタスはこれまでもNutanix向けのデータ保護を提供していたが、パートナーシップの拡大により、チャネルパートナーは、重要なハイパーコンバージドワークロードを追加したり、オンプレミスやマルチクラウドでのデータ移行またはインフラ統合の際にデータ保護機能を必要とする顧客に対し、ソリューションをカスタマイズしたりすることもできる。これらのメリットを生かし、今後コンサルティングサービスやプロフェッショナルサービスでの新たなビジネス機会の創出も期待できる。

 さらに両社のユーザーは、「Veritas NetBackup CloudCatalyst」の重複排除技術を組み合わせ、Nutanix側のバックアップの保存コストを削減しながら、パブリッククラウドをさらに効果的に活用することができる。Nutanixのインフラは自己修復機能が組み込まれているが、NetBackupによってさらに強化され、ビジネスクリティカルなアプリケーションとデータを迅速にリカバリできるようになり、事業継続性が向上する。

 また、プラグインアーキテクチャを搭載した「Veritas NetBackup Parallel Streaming」技術により、数ペタバイト規模のハイパーコンバージドシステムを迅速に配備できるようになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]