編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

TIS、RPAツールの導入支援サービスを提供--ツール選定から業務展開までサポート

ZDNet Japan Staff

2017-11-22 13:52

 TISは11月22日、定型的な単純作業をソフトウェアで自動化するRPA(ロボットによる業務自動化)ツールの導入支援サービスを開始する。ツール選定から実証実験(PoC)、業務展開までをサポートする。

 「TIS RPAソリューション」は、スピード最優先の試行錯誤で継続改善を図る「クイック導入アプローチ」、小規模で効果把握をしてから展開プランを考えていく「PoCアプローチ」、多人数業務を一度に自動化することで導入効果の最大化を目指す「プランニングアプローチ」の3種類のアプローチで構成されている。

 価格は、デスクトップ型のRPAツールで2システムを操作した場合で、クイック導入アプローチが1業務当たり30万円から、PoCアプローチが同100万円から、プランニングアプローチは個別見積もりになっている。

3種類のアプローチ
TIS RPAソリューションの3種類のアプローチ(出典:TIS)

 TISによれば、目的や利用シーンに応じた製品の選定や、導入のためのアプローチが適切にできていないことで、実際にRPAを導入して投資対効果を享受できている企業は多くない。そこで新ソリューションでは、ニーズに応じたツール選定と導入アプローチを提供することで、企業の業務効率化と生産性向上を支援する。

 RPAツールの導入対象となる業務として、「毎月発生する経費精算業務」「ウェブシステムへのマスター登録業務」「受信ファクスをもとに受注システムに目視登録する業務」「ストに記載された対象者へのメール送信業務」「複数システムから集めたデータを組み合わせた分析、加工、レポートの作成業務」などを挙げている。

PoCから導入、展開までのステップイメージ
PoCから導入、展開までのステップイメージ(出典:TIS)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]