コマツ、産業用IoT基盤を導入--採掘機械の稼働率や生産性を向上

NO BUDGET

2017-11-22 17:27

 重機メーカーのコマツは、クラウドベースの産業用IoT(モノのインターネット)分析基盤「JoySmart Solutions」を構築した。分散処理基盤ソフト「Cloudera Enterprise」とパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用した。

 JoySmart Solutionsは、採掘機械などから集めたデータを分析し、その結果に基づいて機器の稼働率や生産性を高めるもの。長壁式採掘システム、電気ロープショベル、連続採掘機、ホイールローダーなどを監視対象とし、機械圧や温度、電流などの時系列データ、アラームやイベントなどのシステムデータなどを収集する。機器によっては数百~数千種類ものデータが存在し、1分間に3万〜5万件レコードが生成されることもあるとしている。

 コマツでは今後、ストレージエンジン「Apache Kudu」や分散処理フレームワーク「Apache Spark」を使ってデータ処理や分析、機械学習の迅速化を進める計画。そこから得た洞察を使って、将来的な採掘機器の設計にも生かせるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]