編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

コマツ、NTTドコモ、SAPらが「建設クラウド」を立ち上げ

NO BUDGET

2017-07-19 16:35

 コマツとNTTドコモ、SAPジャパン、オプティムは7月19日、共同で新プラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」を立ち上げ、10月から建設事業者向けにクラウドサービスを提供すると発表した。サービスは4社共同で企画・運用する。

 ランドログは、コマツが建設現場向けに展開するソリューション事業「スマートコンストラクション」で運用しているプラットフォーム「KomConnect」の機能の1つ。施工現場ごとの建設生産プロセス全体の情報を収集し蓄積、解析する機能部分を担う。4社は、施工会社などの要望に応じて、 さまざまなアプリケーションプロバイダーにデータを提供していく。


ランドログの概念図

 従来のKomConnectは、建設機械による施工プロセスを中心に構築されたプラットフォームだったが、ランドログでは建設生産プロセス全体を包含する新プラットフォームとなる。コマツは、KomConnectの一部の機能を発展的にランドログへ委譲し、ソリューションアプリケーションを提供するプロバイダーの1社として建設現場の課題解決に集中する。

 各社の役割として、コマツは変化する地形の3次元測量に関するノウハウの提供、建設生産プロセスへの投下資本(機械、人、資材など)の可視化に関するノウハウの提供などを行う。NTTドコモはLTEやLPWA、5Gなど無線通信に関するノウハウやサービスを提供し、IoTなどのソリューション構築とデータ収集・可視化・分析に関するノウハウも提供する。SAPはデザインシンキングと「SAP Leonardo」による新プラットフォームビジネスの支援を実施し、オプティムは人工知能やIoT、Cloud IoT OSの活用などに関するノウハウを提供していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]