編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

阪南大学、入学前教育の学習状況をネットで確認--学習管理システムを活用

NO BUDGET

2017-11-27 11:32

 阪南大学は、入学前教育に学習管理システムを活用している。入学予定者やその保護者が、学習状況や学力診断テストの結果を確かめたり、学習アドバイスを受け取ったりすることができる。専願制入試で合格した2018年の入学予定者を対象とする。

 入学前教育とは、大学に入学するまでの学習準備として実施されるもの。基礎学力の向上や学習意欲の維持などを目的としている。

 学習管理システムには、富士通ラーニングメディアのSaaS「KnowledgeC@fe」を活用する。阪南大学では、2016年度から同システムを使った入学前教育を実施している。

 eラーニング形式で進められる入学前教育の実施状況をウェブサイトで閲覧でき、学習前後に実施される学力判定テストの結果も確認できる。また、学習状況が芳しくないと学習を促進したり、順調に進んでいると激励したりする仕組みとなっている。

受講履歴の画面イメージ
受講履歴の画面イメージ(出典:富士通)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]