日本で流通する迷惑メール--4つのグループの特徴

ZDNet Japan Staff 2017年11月28日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内で毎日大量に出回る迷惑メールは、送信元や手口などの特徴から4つのグループに大別できるという。ラックが公開した「サイバー救急センターレポート」(PDF)で、7~10月における迷惑メールの分析結果が明らかになった。

 4つのグループは、配信元のボットネットやマルウェアの拡散手法、感染するマルウェアの種類などによって分類可能な3つのグループと、3つのグループに該当しない「その他」グループになる。

 例えば、Aグループに分類される迷惑メールは、日本語文章と実在する組織になりすました内容で、添付ファイルあるいは本文中のリンク先からダウンロードさせるファイルによって、インターネットバンキングを狙うマルウェア「DreamBot」(別名「Ursnif」など)に感染させようとする。連日のように注意喚起される「請求書」といった件名の迷惑メールがこのグループに該当する。

 またBグループの迷惑メールは、ボットネット「Necurs」から配信され、添付ファイルを通じて受信者のPCをランサムウェアに感染させる。メールの件名には「Invoice」「Voice Message」など、短い英単語を使う点が特徴的だとしている。添付ファイルを通じて感染するランサムウェアは不定期で変化し、直近の10月ごろまでは「Locky」が使われていた。

 Cグループの迷惑メールは、添付ファイルではなく、本文中のリンク先からマルウェアファイルをダウンロードさせる手口を使う。ダウンロードファイルには、不正なマクロが含まれ、Wordなどのアプリケーションでマクロを有効にしてしまうと、不正なマクロの実行によって、さらにスパイ型マルウェアの「Pony」やインターネットバンキングを狙うマルウェア「Zeus」の亜種といった別のマルウェアがダウンロードされてしまう。

 その他に分類される迷惑メールは、存在が未確認などのボットネットから送信され、件名や本文中に文字が含まれていないケースが多い。主にランサムウェアの拡散に使われるという。

 迷惑メールの手口は、明らかに不審なものから巧妙なものまでさまざまだが、大抵の場合は、何かしらの怪しさを感じるものだろう。ラックは基本的な対策として、「メールに含まれる添付ファイルやURLは不用意に開かない」を挙げる。受信メールに少しでも怪しさを感じたら、まずは組織内のセキュリティ担当者に報告するなど対応が大切だ。

ラックが分類した不特定多数を狙う迷惑メールの主なグループ''
ラックが分類した不特定多数を狙う迷惑メールの主なグループ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算