一部コンピュータベンダーがインテルの「Management Engine」を無効化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年12月05日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelプロセッサを搭載したコンピュータのなかには、「Intel Management Engine(ME)」がインストールされているものがある。これは、Intelによる遠隔地からのコンピュータ管理を目的としたものだ。しかし、このプログラムはセキュリティ上の脆弱性を抱えている。このため、Linuxに特化したOEM企業であるSystem76Purism、そして大手PCメーカーのDellは、Intel MEの無効化という選択に踏み切ったという。

 Intel MEに存在するこうした脆弱性の影響を受けるコンピュータは膨大な数にのぼる。そしてIntel MEは「Intel Active Management Technology(AMT)」をサポートしている。Intel AMTは強力なツールであり、管理者はこれによって、起動されていないデバイスであっても、遠隔地からの操作が可能になる。

 Intelは、LinuxやWindows向けに、脆弱性の有無を検出するツールを公開している。また同社は、脆弱性を抱えたマシンの存在を認めたうえで、各ベンダーのサポートページへのリンクを記載したウェブページも公開している。

 Intelによると、以下のCPUを搭載しているマシンに脆弱性が存在しているという。

  • 「Intel Core」(第6世代と第7世代、第8世代)プロセッサファミリ
  • 「Intel Xeon」プロセッサの「E3-1200 v5」製品ファミリと「E3-1200 v6」製品ファミリ
  • 「Intel Xeon Scalable」プロセッサファミリ
  • 「Intel Xeon W」プロセッサファミリ
  • 「Intel Atom C3000」プロセッサファミリ
  • 「Intel Atom」(Apollo Lake)プロセッサ「E3900」シリーズ
  • 「Intel Pentium」(Apollo Lake)プロセッサ
  • 「Intel Celeron」プロセッサの「G」シリーズと「N」シリーズ、「J」シリーズ

 対象プロセッサのほとんどでファームウェアパッチの提供準備が進められており、一部は既に利用可能となっている。なおこれらパッチの配布については、ハードウェアベンダーの手に委ねられている。

 しかし一部のベンダーは、今回発見されたものの他にも脆弱性が存在する可能性を憂慮し、Intel MEを使用しないという選択肢を採用している。

 まず、Linux PCメーカーとして定評のあるSystem76は、「System76のノートPCに対して、現在OS経由でソフトウェアを配信するのと同様の方法でファームウェアを自動的に配信する」ためのオープンソースプログラムをリリースすると発表した。このプログラムは、「Intelの第6〜第8世代プロセッサを搭載したノートPCに対して、Intel MEを無効化した改訂版ファームウェアを自動的に配信するもの」だという。

 このプログラムの動作環境は、「Ubuntu 16.04 LTS」や「Ubuntu 17.04」「Ubuntu 17.10」「Pop!_OS 17.10」のほか、Ubuntuの派生ディストリビューションが稼働しており、最新ファームウェアが取得できるようSystem76のドライバがインストールされているノートPCのみとなっている。

 System76はシェルコマンドツールの開発も進めており、これによりLinuxの上記以外のバージョンが稼働するその他のノートPCに対するファームウェアのアップデートが可能になるという。

 Purismも、オープンソースのファームウェア「coreboot」が動作する同社のノートPC上でIntel MEを無効化すると発表している。

 Dellも同社のコンピュータに対して、パッチが適用されたIntel MEを配布する作業を進めるとともに、Intel MEの動作を無効化できる法人向けデバイス数機種を提供しているという。

 Intelはこうしたオプションを推奨していない。Intelの担当者は、「MEは、セキュアブートや2要素認証、システム復旧、そしてエンタープライズデバイス管理といった、当社のユーザーが重視している重要な機能を提供している。説明されている設定では、必然的に多くの主流の製品で必要とされる機能を削除することになるため、Intelはそうした設定をサポートしない」とコメントした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算