編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SBI証券、AI搭載型OCRを導入--マイナンバーの管理業務を効率化

藤本和彦 (編集部)

2017-12-05 12:00

 SBI証券は、これまで手作業で行っていたマイナンバーの管理業務をシステム化した。作業時間を減らすことで業務の効率化を進め、顧客サービスの品質向上を狙う。

 ダブルスタンダードが提供するAI(人工知能)搭載型OCR(光学文字認識)「マイナンバー抽出処理システム」を活用した。OCRで読み込んだ書類の種別をAIで自動判別し、さまざまな形式に成形、加工する。こうすることで情報の読み取り精度を向上させる。従来のOCRに比べ、文字認識率が50%向上するとしている。

 マネックス証券も11月に同社のAI搭載型OCRを導入。本人確認などの手続きを簡便化し、業務効率の向上に役立てている。本人確認書類などの入力作業をOCR読み取りで代替する。顧客は、氏名や住所の変更、特定口座の開設などの手続きで必要となる本人確認書類をウェブサイトから提出できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]