編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

TIS、「マネージドEDRサービス」を提供--マルウェア検知や端末隔離を支援

NO BUDGET

2017-12-08 10:30

 TISは12月6日、企業の標的型攻撃対策として「マネージドEDRサービス」の提供を始めると発表した。マルウェアの検知や端末の隔離といったインシデント対応をマネージドサービスで支援する。

 エージェントソフトには米Carbon Blackの「Cb Response」を用いてエンドポイントの詳細な情報を収集する。同社が世界9拠点で展開するセキュリティ監視センター(SOC)と連携し、世界で起こっている脅威の情報を基に、顧客の環境の分析・対応を実施する。

 マルウェアの検知や端末の隔離といったセキュリティ対応をマネージドサービスで支援することでインシデント対応の現場負担を軽減する。また、グローバルに展開するSOCによってリアルタイムなインシデント対応を可能にし、サーバからスマートフォンまで多様化するエンドポイントに対応するとしている。


マネージドEDRサービスの運用イメージ(出典:TIS)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]