編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

AWS、中国で事業強化へ--新リージョン開設

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-12-13 17:22

 Amazon Web Services(AWS)は中国に2つめ(世界では17番目)のリージョンを開設した。

 AWSは、Ningxia Western Cloud Data Technology(NWCD)が運営する「中国(寧夏)」リージョンの運用が開始されたことで、中国国内でAWSを利用して、アプリケーションの実行やデータの保存を行う選択肢が増えたと述べている

 世界で展開されているAWSの多くは、クラウドインフラを所有し自ら運用しているが、中国では事情が異なる。中国の法律は、クラウドサービスを提供するための一定のテクノロジを非中国企業が所有または運営することを規制している。

 中国の法規制に対応するため、AWSはNWCDと中国(寧夏)リージョンの運用とサービス提供に関する戦略的な技術協力関係を結んだ。

 AWSは2017年11月に、同社が中国国内で所有していたクラウドコンピューティングインフラの一部を北京光環新網科技(Sinnet)に売却する3億ドル相当の契約を結んだが、これは中国のインターネット規制に準拠するために必要な措置だったという。SinnetはAWSの中国(北京)リージョンを運用する現地企業だ。

 2つの中国リージョンで提供されているクラウドサービスは、ほかのリージョンで提供されているものと同じだが、中国リージョンはほかのAWSリージョンからは独立しており、中国のパートナー企業が個別に運用している。AWSの中国リージョンを利用する顧客は、AWSではなくSinnetおよびNWCDと契約を結ぶことになる。中国(寧夏)リージョンは、2つのアベイラビリティゾーンからスタートする。

 サムスン電子は、今回開設された新しいリージョンを利用する予定だという。

AWSが中国に2つめのリージョン開設
提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]