編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

他企業の生々しい苦労話が聞ける--AWSユーザー会「E-JAWS」の存在感 - (page 3)

日川佳三

2018-01-05 07:00

サーバレスなどの新しいやり方には、まだ壁があるのが現状

 「クラウドはキャズムを超えた」と、E-JAWS会長の友岡氏は指摘する。以前は尖った案件や顧客向けWebサービスなどの事例が多かったが、現在では大企業が自社データセンターを畳んで全システムをクラウドに移行するといった事例も出てきた。コンサバティブな金融業界が、どんどんAWSでシステムを実装するようになってきた。

 「クラウドか否か」の議論を超えて、「クラウドをいかに自社で活用するか、経営成果に結びつけていくのか」という議論に変わってきた、と友岡氏は俯瞰する。「クラウドって良いものなのか、使っても大丈夫なのかという悩みから、どうやったらうまく使えるのか、という悩みへと、悩みの質が変化してきた」(友岡氏)

 一方、クラウドで使われる技術については、キャッチアップが難しいのが現実だ。オンプレミスの物理サーバや仮想サーバをAmazon EC2(仮想サーバインスタンス)へと置き換えるだけの事例が多く、サーバレスアーアキテクチャ(AWS Lambda)やコンテナ(Amazon Elastic Container Service)などは、まだ壁がある。「AWSが提供している技術と、ユーザーが実際に使っている技術には乖離がある。これが現状の課題だ」(友岡氏)

 E-JAWSコミッティの1社、ローソンの進藤氏は、サーバーレスなどの技術が浸透しない理由の1つに、エンタープライズ企業ならではの組織の壁があると指摘する。「日本のIT部門は、(アプリケーションを開発する)開発部隊と(システムインフラを管理する)基盤部隊に分かれている。サーバレスを取り入れるには、開発部隊と基盤部隊が一緒にならないといけない。これが大きな障壁となる」(進藤氏)

 進藤氏はまた、「サーバレスのようなAWSに依存したサービスを使うと、AWSを抜けられなくなる恐れもある」と指摘する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]