化学品専門商社の小池産業、新ERPにSAP S/4HANAを採用

NO BUDGET 2018年02月05日 09時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 化学品専門商社の小池産業は、次世代の統合基幹業務システム(ERP)スイートの導入を決定した。1月19日に新ERPをインストールし、業務設計を開始している。

 小池産業は1911年創業で100年以上の歴史を持つ化学品専門商社。関西を基点に国内に多くの営業拠点や物流センターを持ち、多岐にわたる原材料、製品、製造装置などを取り扱う。特に電池、電子、樹脂、ゴムの分野では柔軟で安定的な供給体制を確立し、取引先とともに世の中の発展に欠かせない材料を開発することにより、社会に貢献している。同社では「G500」というスローガンのもと、売上高500億円を経営目標に掲げ、営業力のさらなる強化や海外拠点の拡充への積極的な取り組み、デジタル変革への対応を行うことを目指している。

 小池産業は2016年、これまでの基幹システムから国産業務パッケージへのリプレースを決定し、導入を開始したものの、同社の事業拡大に寄与するものではなかったため、その導入を止め新たなシステムを検討することを判断した。そして、同社の経営目標を達成するためのシステム基盤となる、複数のパッケージの再検討を行った結果、多様な業界やあらゆる企業での実績に加え、最新技術を用いた様々なデジタル変革をグローバルで提案してきたSAPジャパンのノウハウを評価し、SAPの次世代ERPスイート最新版「SAP S/4HANA」の採用に至った。同社では、SAP S/4HANAの導入により、事業/収益管理体系の再構築や営業業務の合理化/標準化/可視化を目指す。

 今回のプロジェクトの導入はアイ・ピー・エス(IPS)が担当。小池産業がIPSを選択した理由は、同社の持つ中堅企業向けテンプレート「EasyOne」の導入実績が豊富でプロジェクト推進ノウハウが期待できることと、単なるシステム導入だけではなくIPSの持つ高い企業コンサルティング能力により、将来にわたって小池産業の成長を支えることが期待されることが挙げられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算