インテルが「Xeon D-2100」プロセッサ発表--エッジコンピューティング向け - 18/25

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-02-09 10:42

 Intelが「Xeon D-2100」を発表した。このプロセッサは、低電力、高密度のエッジソリューションをターゲットとしたSoC型プロセッサアーキテクチャを採用しており、ネットワーク、セキュリティ、暗号処理のアクセラレーション機能を搭載している。

 同製品ラインの特徴は次の通りだ。

  • 14nmプロセステクノロジ
  • 最大18コア、36スレッド
  • 最大512GバイトのDDR4-2666 ECCメモリ最大4チャンネルに対応
  • 最大3.0GHzのシングルコアIntel Turbo Boost Technology 2.0
  • PCI Express 3.0最大32レーン
  • Flexible High Speed I/O(HSIO)最大20レーン
  • Intelメッシュアーキテクチャ
  • バランス調整されたIntelスマートキャッシュの階層構造を採用
  • 最大1 FMAのIntel AVX-512
  • Intel QuickAssist Technologyによる最大100Gbpsの暗号化・復号化処理アクセラレーション
  • Intel ハイパースレッディングテクノロジ
  • Intel VTテクノロジ
  • 10GbEアダプタ4ポートまで対応可能なIntelイーサネット
Intel Xeon D-2100
Intel Xeon D-2100

 D-2100シリーズには、18コアの「Xeon D-2191」(2407ドル)から、8コアの「D-2145NT」(502ドル)までの製品ラインアップが存在する。

Intel Xeon D-2100製品ラインアップ
Intel Xeon D-2100製品ラインアップ

 Intelが提供したデータによれば、D-2100は「Xeon D-1500」シリーズのプロセッサと比べ、L3のネットワークパケット転送能力が29%、ネットワーク性能が最大2.9倍、ストレージ性能が最大2.8倍向上しているという

 ただしIntelは、公表した性能テストとベンチマーク情報はすべて「Spectre」および「Meltdown」対策のソフトウェアアップデートとファームウェアアップデートの適用前に計測したものであり、パッチの適用後には数字が変わる可能性があると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]