編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

インテルが「Xeon D-2100」プロセッサ発表--エッジコンピューティング向け - 24/25

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-02-09 10:42

 Intelが「Xeon D-2100」を発表した。このプロセッサは、低電力、高密度のエッジソリューションをターゲットとしたSoC型プロセッサアーキテクチャを採用しており、ネットワーク、セキュリティ、暗号処理のアクセラレーション機能を搭載している。

 同製品ラインの特徴は次の通りだ。

  • 14nmプロセステクノロジ
  • 最大18コア、36スレッド
  • 最大512GバイトのDDR4-2666 ECCメモリ最大4チャンネルに対応
  • 最大3.0GHzのシングルコアIntel Turbo Boost Technology 2.0
  • PCI Express 3.0最大32レーン
  • Flexible High Speed I/O(HSIO)最大20レーン
  • Intelメッシュアーキテクチャ
  • バランス調整されたIntelスマートキャッシュの階層構造を採用
  • 最大1 FMAのIntel AVX-512
  • Intel QuickAssist Technologyによる最大100Gbpsの暗号化・復号化処理アクセラレーション
  • Intel ハイパースレッディングテクノロジ
  • Intel VTテクノロジ
  • 10GbEアダプタ4ポートまで対応可能なIntelイーサネット
Intel Xeon D-2100
Intel Xeon D-2100

 D-2100シリーズには、18コアの「Xeon D-2191」(2407ドル)から、8コアの「D-2145NT」(502ドル)までの製品ラインアップが存在する。

Intel Xeon D-2100製品ラインアップ
Intel Xeon D-2100製品ラインアップ

 Intelが提供したデータによれば、D-2100は「Xeon D-1500」シリーズのプロセッサと比べ、L3のネットワークパケット転送能力が29%、ネットワーク性能が最大2.9倍、ストレージ性能が最大2.8倍向上しているという

 ただしIntelは、公表した性能テストとベンチマーク情報はすべて「Spectre」および「Meltdown」対策のソフトウェアアップデートとファームウェアアップデートの適用前に計測したものであり、パッチの適用後には数字が変わる可能性があると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]