編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

AI進化の影響は大きい--インテルのAIトップが語る

末岡洋子

2017-07-21 07:30

 Intelが7月11日に正式ローンチした最新のデータセンター向けプロセッサ「Intel Xeon Scalable」で、同社はクラウド、AI時代を見据えた戦略を打ち出している。IntelでAI戦略を統括するNaveen Rao氏が、ローンチ会場の米ニューヨークで記者向けに説明した。

 Rao氏はIntelが2016年に買収したNervana Systemsの最高経営責任者(CEO)を務めていた人物。Intelは3月にAI製品グループを新設しており、Rao氏はこの事業グループを率いている。

IntelでAI戦略を統括するNaveen Rao氏
IntelでAI戦略を統括するNaveen Rao氏

 現在、IntelのAI分野の取り組みは、Rao氏をはじめNervanaのメンバーが中心となっているという。買収により Nervanaの技術ロードマップはIntelに統合されることになっており、現在技術統合を進めているところだという。Intelは2016年11月、ニューラルネットワーク向けに最適化した「Lake Crest」(開発コード)と、Skylake XeonとFPGAを組み合わせた「Knight Crest」を発表している。

 IntelのAI戦略の大きな柱となるのは、AI向けの特別なシリコン製品の開発と汎用コンピューティングプラットフォームの活用だ。両方の間を簡単に行き来できるソフトウェアスタックを用意する。「AIは多くの企業にとってまだ新しい技術。価値が実証されていないため、AIワークロードがどのぐらいの比率を占めるのかがわからない段階だ」とRao氏は背景を説明する。

 「Intel Scalableは汎用目的であり、その上でソフトウェアベースでAI機能を利用できる。AIによる価値が実証されはじめると、次はAI専用のインフラに投資できる」とRao氏。「IntelはAIの早期段階から高度に最適化されたシステムまでサポートする」と続けた。

 Lake CrestとKnight Crestについては、「深層学習、ニューラルネットワークを主なワークロードのターゲット」と説明する。この分野ではNvidiaなどのGPUがリードしている感があるが、Rao氏はCPUの重要性を強調する。「GPUはグラフィック向けに構築されているが、Lake Crest/Knight Crestは深層学習に向けて構築する。詳細は公開していないが、全く新しい新しいメモリ階層を持ち、数値演算ワークロードに最適」とした。

 CPUが優れている分野としてRao氏が挙げたのが「推論」だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]