編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

インテル、「Broadwell」「Haswell」向けにSpectre対策の新パッチを提供

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-01 10:55

 Intelは、「Spectre Variant 2」脆弱性向けのパッチが「Broadwell」および「Haswell」CPUを搭載するシステム上で安定性の問題を引き起こしたことで、同脆弱性向けのフィックスの提供を全面的に停止していたが、今回、それらの旧式CPUの問題に対処する新しいマイクロコードアップデートをついにリリースした。同社は先週、「Skylake」「Kaby Lake」「Coffee Lake」チップ向けの新しいマイクロコードアップデートを既にリリース済みだ

 これらのアップデートは、Googleが米国時間1月3日に明らかにした3種類のCPU脆弱性(「Meltdown」とSpectre)のSpectre Variant 2に対処するもので、ファームウェアやBIOSのアップデートとして、ハードウェアメーカー各社からエンドユーザーに提供される。

 Intelは、Variant 2(ブランチターゲットインジェクション)脆弱性向けのハードウェアフィックスをリリースしてから、そのフィックスがBroadwellおよびHaswellプロセッサで再起動を頻繁に引き起こすことを認めた

 Intelは1月22日、ハードウェアメーカー各社とユーザーに対して、それらの脆弱性の影響を受ける全チップファミリー向けにリリースされた最初のマイクロコードアップデートの適用を停止するよう勧告した

 IntelはBroadwellおよびHaswellチップ向けのベータフィックスを最初に開発したが、ほかのチップよりも先に、第6世代「Skylake」ベースのプラットフォーム向けに「プロダクション」(実働環境)対応版フィックスをリリースした。先週のアップデートにより、同社は第6、第7、および第8世代の「Core」チップと最新の「Core X」向けのプロダクションフィックスのリリースを完了した。

 新しいプロダクション対応版アップデートは、いまだにベータ段階にある「Broadwell Server EX」と「Haswell Server EX」以外の全てのBroadwellおよびHaswellチップファミリーで利用可能だ。「Xeon」チップと「Core i」チップ(「Broadwell H 43e」シリーズのCore iチップ、「Broadwell U」および「Broadwell Y」シリーズのCore iチップを含む)向けの安定版アップデートも既にリリース済みである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]