編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カーメイト、集計分析システムを刷新--月初の集計処理を数分に短縮

NO BUDGET

2018-03-01 14:22

 自動車用品の総合メーカーであるカーメイトは、およそ10年前に導入したビジネスインテリジェンス(BI)ツールを刷新し、新たな集計分析システムを構築した。システム基盤にはウイングアーク1stの「Dr.Sum」と「MotionBoard」を活用した。

 従来のデータ分析ツールでは、サーバの老朽化や集計処理における性能不足から、月初の集計処理に半日程度を要していた。新システムでは、月初の集計処理がわずか数分で完了するようになり、導入直後に実施された社内アンケートでは、97%の回答者が「効果を実感している」と回答したとのこと。

 Dr.Sumは、集計なしにデータを参照するライトユーザーや、いろいろな角度でデータを集計したいマネージャー向けに採用。MotionBoardは経営層や管理職、出荷・物流部門などで利用されている。月次レポート作成の時間を大きく短縮し、本来の業務に注力する時間が増加しているという。

 また、従来の環境では、データの登録作業が複雑だったため新しいデータの追加が難しかった。そのため、販売管理、受注管理、出荷管理といった一部のデータしか分析対象にできなかった。これが新システムでは、生産管理、開発管理、品質管理、製品情報、適合情報なども利用可能になった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]