SAPジャパン、「SAP Big Data Margin Assurance」のクラウド版を提供開始

NO BUDGET

2018-03-08 16:50

 SAPジャパンは3月7日、通信事業者の収益性向上を支援する「SAP Big Data Margin Assurance」のクラウド版を提供開始すると発表した。

 SAP Big Data Margin Assuranceは、通信事業者が顧客ごとの利益率を最適化できるよう支援するもので、インメモリデータベース「HANA」を使うことで、ほぼリアルタイムのビッグデータ分析が可能となる。通信事業者は、費用と収益を分けて分析するのではなく、サービス・料金体系・投資利益率を、個々の契約における費用や収益と結び付けて評価することができる。

 今回提供するのは、SAP Big Data Margin Assuranceの全機能をクラウドサービスとして提供するもので、英Vodafoneと共同開発したサービスがベースとなっている。

 サービス基盤にはSAP Cloud Platformを活用。ホスト先としてAmazon Web Services(AWS)を選択できるが、今後はクラウド事業者を追加していく予定。欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)をはじめとするデータプライバシー規則に対応するセキュリティ機能やデータ保護機能も備わっている。

 データセットが128Gバイトに限られた試用プランなどが用意されており、HANAのデータベース容量によって利用料金は異なる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]