編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Box、国内限定で全データの保管やバックアップを可能に

渡邉利和

2018-03-14 10:06

 Box Japanは3月13日、ユーザーがデータの保管先を指定できる「Box Zone」サービスで新たに「Box Zone Japan」を追加し、同日から販売を開始すると発表した。

 Box Zoneは2016年6月に開始された。データの保管場所として、それまでの米国に加え、アジア(東京/シンガポール)、ドイツ(フランクフルト)、アイルランド(ダブリン)が選択可能となった。その後に英国(ロンドン)、カナダ(モントリオール/トロント)、オーストラリア(シドニー/ビクトリア)が追加されている。


新たな「Box Zone」の利用イメージ(出典:BOX)

 今回発表のBox Zone Japanでは、データの保管場所として新たに大阪が加わった。これにより、プライマリの保管場所を東京、バックアップの保管場所を大阪とすることで、データの保管先を日本国内に限定することが可能になった。


Box Japan 代表取締役社長の古市克典氏

 この施策を説明した同社 代表取締役社長の古市克典氏は、米国では同社の利用が多い官公庁、金融、病院が日本国内ではほとんどユーザーとなっていないことを指摘し、データが国外に保管されることに懸念を持つユーザーが、今回のBox Zone Japanの追加でBoxの利用に踏み切ることが可能になるとの展望を明かした。

 従来は、アジア域内に閉じたサービスとして提供されており、東京にデータを保管し、シンガポールをバックアップサイトとする形で運用されていた。今回のBox Zone Japanの提供開始によって、バックアップサイトとしてシンガポールまたは大阪のどちらかを選択可能になる、と考えてよいだろう。

 Box Zoneの利用にはオプション料金(金額は販売パートナー毎に設定)が必要となるが、シンガポールと大阪はどちらを選んでも同一金額となる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]