編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドの価格戦争が続く--AWSがクラウドストレージS3とGlacierを値下げへ

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-24 12:24

 Amazon Web Services(AWS)がクラウドストレージの「Amazon S3」とデータアーカイブの「Glacier」の価格を値下げする。同時にGlacierよりデータを取り出したい企業向けに新しいオプションも加える。

 AWSによると、12月1日より多くのリージョンでのS3のスタンダードストレージのギガバイトあたりの価格を値下げし、3つの価格層にするという。また、Glacierについても多くのリージョンで値下げする。


提供:Amazon Web Services

 S3の値下げ幅は16〜28%で、リージョンと使用量により異なる。全リージョンでギガバイトあたりのストレージは毎月2セント程度となる。2006年のS3ローンチの際、この価格は15セントであり、価格競争が激しくなっていることがうかがえる。

 Glacierでは、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)の顧客はわずか0.4セントで毎月1GBを保存できる。これは43%の値下げとなる。

  2012年のGlacierローンチ時、ギガバイトあたりの価格は1セントだった。2015年9月、30%値下げして0.7セントとなった。値下げについてAWSのチーフエバンジェリスト、Jeff Barr氏はAmazonのクラウドサービスの「スケールが直接もたらした結果」と述べている。

  Glacierではアーカイブされたデータに対し、新たなリトリーブオプションを提供する。高価な高速なデータリトリーブ、低速だが低価格なデータリトリーブの2種類だ。

  Glacierでこれまで提供していたものを「Standard(標準)」リトリーブとして提供し、APIを通したリトリーブリクエストのデフォルトとなる。

  顧客はStandardのリトリーブサービスを利用して、おおよそ3時〜5時間でデータを取得でき、ギガバイトあたり1セント、1000リクエストに対し5セントかかる。

 一方で「Expedited(迅速)」のリトリーブサービスでは、データを1〜5分で取得でき、ギガバイトあたり3セント、1リクエストごとに1セントかかる。

 また前もって計画できる、あるいは緊急でないときに利用できる「Bulk(大容量)」のリトリーブサービスでは、データを取得するのにおおよそ5〜12時間かかり、ギガバイトあたり0.25セント、1000リクエストあたり2.5セントで利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]