編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

クラウドの価格戦争が続く--AWSがクラウドストレージS3とGlacierを値下げへ

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-24 12:24

 Amazon Web Services(AWS)がクラウドストレージの「Amazon S3」とデータアーカイブの「Glacier」の価格を値下げする。同時にGlacierよりデータを取り出したい企業向けに新しいオプションも加える。

 AWSによると、12月1日より多くのリージョンでのS3のスタンダードストレージのギガバイトあたりの価格を値下げし、3つの価格層にするという。また、Glacierについても多くのリージョンで値下げする。


提供:Amazon Web Services

 S3の値下げ幅は16〜28%で、リージョンと使用量により異なる。全リージョンでギガバイトあたりのストレージは毎月2セント程度となる。2006年のS3ローンチの際、この価格は15セントであり、価格競争が激しくなっていることがうかがえる。

 Glacierでは、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)の顧客はわずか0.4セントで毎月1GBを保存できる。これは43%の値下げとなる。

  2012年のGlacierローンチ時、ギガバイトあたりの価格は1セントだった。2015年9月、30%値下げして0.7セントとなった。値下げについてAWSのチーフエバンジェリスト、Jeff Barr氏はAmazonのクラウドサービスの「スケールが直接もたらした結果」と述べている。

  Glacierではアーカイブされたデータに対し、新たなリトリーブオプションを提供する。高価な高速なデータリトリーブ、低速だが低価格なデータリトリーブの2種類だ。

  Glacierでこれまで提供していたものを「Standard(標準)」リトリーブとして提供し、APIを通したリトリーブリクエストのデフォルトとなる。

  顧客はStandardのリトリーブサービスを利用して、おおよそ3時〜5時間でデータを取得でき、ギガバイトあたり1セント、1000リクエストに対し5セントかかる。

 一方で「Expedited(迅速)」のリトリーブサービスでは、データを1〜5分で取得でき、ギガバイトあたり3セント、1リクエストごとに1セントかかる。

 また前もって計画できる、あるいは緊急でないときに利用できる「Bulk(大容量)」のリトリーブサービスでは、データを取得するのにおおよそ5〜12時間かかり、ギガバイトあたり0.25セント、1000リクエストあたり2.5セントで利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]