海外コメンタリー

英国のEU離脱まで1年、懸念されるサイバーセキュリティリスク - (page 3)

Danny Palmer (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-03-23 06:30

 一方、すでにブレグジットがマイナスの影響を与えると心配されている分野が1つある。それがプロフェッショナルの雇用であり、特にサイバーセキュリティ分野では懸念が大きい。今でさえ、企業が情報セキュリティ関係の人材を獲得するのが難しくなっているためだ。

 ブレグジットの交渉結果によっては、人の移動に大きな制限がかかり、英国企業の人材獲得に悪影響が及ぶと懸念している人もいる。

 BarclaysのシニアサイバーインテリジェンスアナリストLaura Jones氏は、同じイベントで「サイバーセキュリティ分野はすでに人材不足に苦しんでおり、優れた志望者を見つけることは難しくなる」と述べている。

 同氏は、自分のチームの約半分が欧州大陸出身の人材であると述べ、ブレグジットがチームメンバーに与える直接的な影響について判断するのは時期尚早だとしながらも、「人々が英国に来るのをためらわせる雰囲気が確かに存在する」と語った。

 Jones氏自身もニュージーランド出身であり、2016年6月24日に公表された国民投票の結果を見ていれば、英国に来てBarclaysに就職したかどうかは分からないと述べている。

 「私はブレグジットが決まる1日前に、ロンドンへの片道切符を購入した。正直なところ、(国民投票の結果を知った上で)同じ決断をしたかどうかは分からない。1日か2日後であれば、オーストラリアを選んでいたかもしれない」と同氏は言う。

 「経済の中心としての英国のロンドンは、外部の人間にとって多少歓迎できないものになるという見方は存在すると思う」とJones氏は述べ、次のように付け加えた。「まだ取り込めていない人材のグループは多く残っており、われわれは雇用の対象範囲を広げる必要がある」

 ブレグジットに関して、英国とEUの間でどんな合意が結ばれるか、サイバーセキュリティに関する協力関係にどのような影響を与えるかに関わらず、確実に分かっていることが1つある。ハッキングやサイバー攻撃をもくろんでいる攻撃者が減ることはない。

 「サイバー犯罪者がブレグジットについて心配することはないだろう」とEmm氏は述べている。

英国の欧州離脱

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]