編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

Facebookユーザー5000万人超の個人情報、トランプ陣営利用企業が大統領選で不正使用か

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-03-19 09:06

 データ分析企業Cambridge Analyticaが、膨大な数に上るFacebookプロフィールからの個人情報を、ユーザーの同意を得ることなく取得していたという。The New York Times(NYT)のほか、英紙ObserverとGuardianが週末にかけて報じた

 2016年の米大統領選でDonald Trump陣営が利用していたCambridge Analyticaは選挙期間中、その情報を利用し、有権者をターゲットとする手法を構築することができたという。

Facebook
提供:Scott Stein/CNET

 Facebookの文書、そしてNYTやThe Observer、The Guardianに話をした元従業員らによると、5000万件を超えるFacebookプロフィールが影響を受け、その活動に100万ドルが投じられたという。

 Guardianによると、Cambridge Analyticaに勤めていたデータサイエンティストのChristopher Wylie氏はObserverに対し、「Facebookを利用し、膨大な数の人々のプロフィールを収集した。そして、それらの人々に関して得た情報を利用し、その心理的な弱さに訴えるようなモデルを構築した」と述べたという。

 この報道の前日、Facebookは、Cambridge Analyticaによるユーザーデータの扱いに誤った部分があったとして、同社のアカウントを停止した。Facebookによると、心理学者用の調査ツールとされていたアプリがまず情報を収集し、その中にユーザーの情報、友達、「いいね」をしたコンテンツなどのデータが含まれていたという。同アプリは、ユーザーに対してパーソナリティ診断を行うとするものだった。ユーザーは同アプリに自分の情報を共有することに同意したが、NYTによると、その情報を第三者に共有することに同意したユーザーはわずかだったという。

 Facebookは2015年に、データがCambridge Analyticaなどの企業に渡っていたことを把握し、それらの企業に情報の破棄を要請した。Facebookのバイスプレジデントで次席法務顧問のPaul Grewal氏は、Facebookはデータが破棄されていなかったとの報告を調査しており、Cambridge Analyticaのアカウントを停止していると述べた。

 Grewal氏は17日の声明で、「あらゆる手段を講じて問題のデータが完全に削除されているかどうかを確認するとともに、規則に反するすべての関係者らに対して措置を講じるつもりだ」と述べた。

 Cambridge Analyticaはツイートで、「Facebookのサービス規約を完全に遵守」しており、Facebookのプロフィールからの「データを一切保有または使用」していないと述べている。また同社のウェブサイト上の声明へのリンクも掲載し、その中で、データは削除済みであり、Cambridge Analyticaは本件についてFacebookと連絡を取っていると述べている。

 米CNETは現在、ホワイトハウスにコメントを求めているが回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]