編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

FPGAをしのぐ製品カテゴリを発表--ザイリンクス

NO BUDGET

2018-03-27 11:03

 ザイリンクスは3月19日、FPGA(Field Programmable Gate Array)の性能をはるかに凌ぐ、新しい製品カテゴリとなる「adaptive compute acceleration platform(適応型演算アクセラレーションプラットフォーム、ACAP)」を発表した。

 ACAPは、幅広いアプリケーションとワークロードの需要に対してハードウェアレベルで適応可能な、高度に集積化されたマルチコアヘテロジニアス演算プラットフォーム。システム動作中に動的に適応可能なACAPは、CPUやGPUとは比較できないほどの単位ワット当たり性能を達成するとしている。


ACAPのイメージ図

 ビッグデータやAIが急速に普及しつつある現在において、ACAPはビデオトランスコーディング、データベース、データ圧縮、検索、AI推論、ゲノミクス、マシンビジョン、ストレージおよびネットワークの計算アクセラレーションなど、幅広いアプリケーションにおけるアクセラレーションに威力を発揮する。

 また、ソフトウェア開発者やハードウェア開発者は、C/C++、OpenCL、Pythonなどのツールを使用して、エンドポイント、エッジ、クラウドアプリケーション向けにACAPベースのシステムを設計することができる。最初のACAP製品ファミリ(コードネーム「Everest」)は、TSMC社の7nmプロセステクノロジで開発を予定し、2018年内のテープアウト、2019年に顧客向け出荷予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]