IBM Think

すべての企業がスパコンを持つ時代に--NvidiaのCEOが予言 - (page 2)

末岡洋子

2018-03-29 07:30

 IBMはThink会期中、チューリッヒにあるラボで、NvidiaのGPU(「NVIDIA V100」)と自社Power 9を組み合わせた「IBM Power System AC922」を用いてAIのパフォーマンスの性能を一気に46倍高速化したと発表した。Criteo Labsのオンライン広告データセットを用いたもので、40億のトレーニングサンプルに対して91.5秒でロジスティック回帰分析を行った。前の記録であるGoogle Cloud PlatformとTensorFlowは70分だったというから、実に46倍短縮となる。


ブースではPower 9の実物を模したレプリカがあった。

 IBMのフェローでアクセラレーテッドコグニティブインフラ担当ディレクターを務めるHillery Hunter氏は、ハードウェアとソフトウェア、両方の最適化が功を奏したと説明する。ハードウェア側では、AC922はGPUとCPUを直接接続するなど10倍の帯域を実現しているとのこと。ソフトウェア側では、「Snap ML(Machine Learning)」として拡張性に優れた機械学習ライブラリを開発したという。分散トレーニング、GPUアクセラレーションなどの特徴を備え、「テラレベルの機械学習を高速化できる」とHunter氏は話す。ソフトとハード、両方を持つIBMの強みと言えそうだ。

 IBMのKelly氏は、「IBMとNvidiaのパワーを組み合わせることでAIを加速できる。これはAIの実装に大きな影響を与えるだろう」と述べた。


「IBM Power System AC 922」。黒いチューブのようなものがGPUとCPUを結ぶコネクタ。高速化の重要な要因となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]