編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Windows 10」でより多くのLinuxディストロを稼働させるための新ツールが公開

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-30 10:22

 Microsoftは米国時間3月26日、Linuxディストリビューターが「Microsoftストア」で自社ディストリビューションを公開できるようにするための新たなツールを公開した。Linuxのメンテナンス担当者はこのツールを使用することで、「Windows 10」の「Windows Subsystem for Linux」(WSL)上でLinuxディストリビューションを稼働させるための作業を効率化できるようになる。

 同社はこのツールを「WSLディストリビューションのためのインストーラアプリの参照実装」と表現している。このツールは、Linuxディストリビューターのメンテナンス担当者と、WSL上で稼働するカスタム化したLinuxディストリビューションの開発を考えている開発者の双方に向けたものだ。

 Linuxディストリビューターのメンテナンス担当者は、この新たなインストーラアプリケーションを利用し、Microsoftストアに登録可能なLinux配布アプリを作り上げることができる。

 一般開発者の場合、カスタム化したLinuxディストリビューションをMicrosoftストア上で公開することはできないが、このツールを使用して作成したカスタム版Linuxディストリビューションパッケージは、開発者モードで稼働しているWindows 10にサイドローディングすることができる。

 Microsoftストアでは「Ubuntu」や「SUSE Linux」「Fedora」「Kali Linux」、そして3月に入ってから「Debian」といったディストリビューションが公開されており、Microsoftはこのツールを開発者に提供することで、より多くのLinuxディストリビューションをMicrosoftストアで利用可能にしたい考えだ。

 MicrosoftストアにおけるLinuxディストリビューション公開のメリットの1つに、WSLによって複数のLinuxディストリビューションのインストールと同時実行が可能になるというものがある。

 Linuxディストリビューターのメンテナンス担当者は、Microsoftストアでディストリビューションを公開するにあたって、MicrosoftのWSLチームと連携する必要がある。カスタム版Linuxディストリビューションパッケージは、同社の承認を得た場合にのみ、Microsoftストア上で公開できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]