編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

最大の敵は“知名度”--200兆円市場を狙うホートンワークスの新戦略 - (page 2)

藤本和彦 (編集部)

2018-04-04 12:55

 廣川氏は成長戦略として3本の柱を挙げた。具体的には、(1)大口顧客・案件獲得、(2)パートナー体制確立、(3)新製品の展開――である。

 大口顧客・案件獲得では、最高情報責任者(CIO)、最高データ責任者(CDO)、最高セキュリティ責任者(CSO)といった経営幹部のニーズをくみ取ってアプローチ。通信、金融・保険、製造業・自動車、公共・運輸・交通、政府官公庁など、インダストリーベースのソリューションセールスを展開する。

 パートナー体制強化については、グローバルでの再販契約を拡大する。直近ではNECとの協業強化が発表された。IBM、Dell EMC、Microsoft、Accenture、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Terdataなどとも連携していく。2018年はさらに4~5社と提携を図る計画だとしている。リファレンス顧客やユースケース、新規案件の紹介をはじめ、システムエンジニアや営業への教育、コンサルタントの育成なども支援する。パートナー事業比率を現状の30%から50%以上に引き上げる。

 最後の柱である新製品の展開に関しては、最新版「HDP 3.0」を2018年半ばに市場投入する。HDP 3.0は「AI時代のデータレイク」を目指しており、数十億~数百億のファイルを扱えるようになるという。イレージャーコーディングへの対応で、ストレージのコストも半減するとしている。GPUのリソース制御、ディープラーニング(深層学習)対応、Dockerコンテナの利用も容易となっている。

 最新版「HDF 3.1」では、製造業のスマートファクトリーや、公共、小売・流通などへの浸透を図り、OT(制御技術)とIT(情報技術)をつなぐIoT基盤としてデファクトスタンダードになることを目指す。

 また、Apache Metronを利用したHCPで次世代サイバーセキュリティシステムの構築や、DPSを用いたデータのライフサイクル管理も訴求していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]