AWSが低頻度アクセスデータ用の新ストレージクラス「Amazon S3 One Zone-IA」発表

ZDNet Japan Staff

2018-04-06 12:17

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間4月4日、「Amazon S3」の新たな低頻度アクセスデータ用ストレージクラス「Amazon S3 One Zone-Infrequent Access」(Z-IA)を発表した

 Z-IAのサービス内容は、既存の低頻度アクセスデータ用ストレージクラス「Amazon S3標準-Infrequent Access」(標準-IA)と似ているが、こちらは複数のアベイラビリティゾーンにデータをレプリケーションしているのに対して、Z-IAは単一のアベイラビリティゾーンにデータを格納する代わりに、20%安い価格で利用できる。サービスの提供はすでに始まっている。

 AWSのAmazon S3担当バイスプレジデントMai-Lan Tomsen Bukovec氏は、プレスリリースで「Amazon S3 Z-IAは、アクセス頻度が低いオブジェクトのためのストレージを必要としているが、複数のアベイラビリティゾーンを利用した堅牢性は必要とせず、Amazon S3でもっとも低価格なストレージを利用することで経費を節減したい顧客に向いている」と述べている。

 Amazon S3のストレージクラスには、ほかにも、頻繁にアクセスするデータのための汎用ストレージ「Amazon S3標準」と、長期アーカイブのための「Amazon Glacier」が存在する。Amazon S3では、ライフサイクル管理のポリシーを設定することで、データを自動的に最適なストレージクラスに移行することができる。

 クラウドに大量のデータを保存する企業にとっては、データが必要とするストレージの性質に応じて、さらに経費を節約できる選択肢が増えたことになる。ストレージクラス分析、オブジェクトのタグ付け、ライフサイクルポリシー、クロスリージョンレプリケーションなどのAmazon S3のストレージ管理機能は、すべてZ-IAでも利用できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]