編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

自動車業界でも活用広がるLinux

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-04-23 06:30

 2004年に、当時Sunの最高執行責任者(COO)だったJonathan Schwartz氏は、自動車は携帯電話と同じようにソフトウェアプラットフォームになる可能性があると示唆した。同氏は正しかった。ただし今、「スマートカー」でもっとも使われているのは、当時同氏の念頭にあったJavaではなくLinuxだ。

 Linuxとオープンソースソフトウェアには、スーパーコンピュータやスマートフォン、自動車など、ハードウェアを問わず完全なソフトウェアスタックを実現できる柔軟性がある。BlackBerryの「QNX」や「Microsoft Connected Vehicle」などの対抗馬も存在するが、どちらもLinuxほどの勢いはない。AudiはLinuxベースの「Android」に方向転換しており、Microsoftは自動車業界の大型顧客であるFordを何年も前に失っている。

 元Canonicalの製品担当バイスプレジデントで、最近Google Cloudの製品マネージャーに就任したDustin Kirkland氏は、まだCanonicalに所属していた頃、筆者に「TeslaはUbuntuを使っており、わが社は自動車メーカーをサポートしているが、Teslaは独自路線で進んでいる。Teslaはかなり先行しているため、同社が独自の取り組みをしていたことには驚かなかった。しかしCanonicalは、多くの自動車メーカーは、Linuxディストリビューター企業と協力して、一般向けの自動車用にスケールアウトできるOSを開発することを選ぶと考えている」と語った。

 その作業の多くは、Automotive Grade Linux(AGL)で進められている。AGLはThe Linux Foundationを基盤とした組織で、Linuxを利用している著名な自動車メーカーが名を連ねている。メンバー企業には、Ford、本田技研工業、マツダ、日産自動車、Mercedes-Benz、スズキ、そして世界最大規模の自動車メーカーであるトヨタ自動車が含まれる。

 AGLのエグゼクティブディレクターDan Cauchy氏は、声明で「自動車メーカーはテクノロジ業界と同じようにソフトウェア企業になりつつあり、オープンソースこそ進むべき道であることに気づきつつある」と述べている。自動車メーカーは、動力性能も重要だが、顧客はスマートインフォテインメントシステムや自動的に働く安全運転機能も欲しがっており、いずれは自動運転車も求められるようになると考えている。

 筆者には孫が2人いるが、彼らが車の運転を学ぶかどうかは分からないと真剣に思っている。マニュアル車を運転できない人が増えているように、20年後には、運転教習で頭を悩ますことのない人が増えるかもしれない。

 AGLはインフォテインメントシステムのソースコードおよびソフトウェア開発キット(SDK)である「AGL Unified Code Base(UCB)4.0」を提供することによって、次世代スマートカーの開発を支えている。

 またこのUCBは、組み込みLinuxシステムのイメージ作成のためのツールである「Yocto 2.2」をベースにしている。AGLは、インフォテインメントだけでなく、UCBを使用したテレマティクス、計器群、ヘッドアップディスプレイ(HUD)のソフトウェアの開発にも取り組みを拡大しようとしている。

 これらの新プロジェクトを支えるため、AGLは新たに、Virtualization Expert Group(EG-VIRT)と呼ばれる分科会を立ち上げている。この分科会の目標は、ハイパーバイザを特定し、AGL仮想化アーキテクチャを開発して、Linuxを搭載した自動車の製品化にかかる時間を短縮し、コストを削減し、セキュリティを向上させることだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]