編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

グーグル、Apache Airflowベースのワークフロー管理ツール「Cloud Composer」ベータ公開

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-02 13:34

 Googleは米国時間5月1日、Google Cloud Platformの新しいワークフローオーケストレーションツール「Cloud Composer」をオープンベータ版として公開した。Cloud Composerは、Airbnbが開発したワークフローにフォーカスするオープンソースプロジェクト「Apache Airflow」をベースとする。

 ここ数年、Googleはパブリッククラウドで法人顧客を獲得し、Amazon Web Services(AWS)に追いつくための取り組みを展開してきた。しかし、その法人顧客に対する売り込みも「ツールを組み合わせてオーケストレーションする素晴らしい方法がなければうまくいかない」とGoogle Cloudのプロダクトマネージャーを務めるJames Malone氏は米ZDNetに語った。

 Cloud Composerは、顧客がGoogle Cloudのすべてのツールを使うにあたって簡単な方法を提供することで、この問題を解決する。

 Googleは、いくつかの理由からAirflowでマネージドサービスを構築することを選んだ。1つには、AirflowスクリプトはPythonベースであり、開発者にとって親和性が高いという点がある。Malone氏は、「誰でも1〜2時間学習すれば、Airflow開発者になれる」と述べる。

 また、Googleは製品の土台をオープンソースプロジェクトにしたかったという。Airflowは活発な開発コミュニティを持ち、Google Cloudやその他のクラウド向けのコネクタ(「Operator」と呼ばれる)も多数開発されている。Airflowを利用して、ハイブリッドクラウド環境やマルチクラウド環境、さらにさまざまなユースケースのオーケストレーションが可能になる。

 今回、初期ベータとして公開されたCloud Composerには、Airflowの実装を効率よく行うための機能が含まれている。クライアントツールには、「Google Developers Console」と「Cloud SDK」、アイデンティティアクセス管理(IAM)、ロギングとモニタリングの「Stackdriver」などが含まれる。

 現在、Cloud ComposerとAirflowは「Google BigQuery」「Cloud Dataflow」「Cloud Dataproc」「Cloud Datastore」「Cloud Storage」「Cloud Pub/Sub」をサポートしている。顧客はBiqQueryでクエリを走らせ、結果をCloud Storageにエクスポートするなどといったことが可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]