編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

A10ネットワークス、5G Gi-LANソリューションを日本で提供開始

NO BUDGET

2018-05-10 19:02

 A10ネットワークスは5月8日、モバイル通信事業者のセキュリティを強化し、5G、IoT対応を支援する「5G Gi-LANソリューション」を日本市場で提供開始したと発表した。

 A10のセキュリティプラットフォーム「Thunder CFW」に搭載されているGi/SGiファイアウォールを機能強化したもの。モバイル通信事業者の基盤ネットワークを防御するために必要な機能が拡充され、DDoS攻撃やネットワークに対する攻撃に対処できるようになる。

 特長として、Gi LANにおける管理の効率化や運用負荷の削減、遅延の短縮のために、キャリアグレードNAT (CGNAT)やステートフルファイアウォール、アプリケーション可視化などのL4-L7機能を統合している。

 また、新たに追加したGTP(GPRS Tunneling Protocol)ファイアウォールは、アクセスネットワークやローミングパートナーから流入するGTPベースの攻撃からGi LANを防御し、プロトコルへの準拠、レート制限、不正形式のGTPパケットのスキャンなど、GTPコントロールプレーン向けの統合モバイルネットワークセキュリティ機能を提供する。

 同様に追加されたApplication Visibility & Control機能は、DPI(Deep Packet Inspection)による加入者の情報にひもづいたアプリケーションを可視化し、より詳細なネットワークトラフィックの分析を提供する。これにより、ネットワークやアプリケーションのトラフィックの傾向を把握できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]