Gartner Summit

ガートナー「AIがビジネスの成否を分ける」--なぜITがAIを学ぶのか - (page 2)

末岡洋子

2018-05-15 07:30

 機械学習は精度レベルが低いことから、深層学習を用いる必要があるケースがある。深層学習の場合、たくさんのデータがトレーニングに必要であり、データの品質も重要になる。中国ではニューラルネットワークを使って顔認識を行うに当たって、10億のイメージを用いていることなどを例に挙げながら、「深層学習を現在のデータセンターで実行しようとしてもうまくいかないだろう」とDekate氏、Google、Baidu、AlibabaなどはGPUを用いているとした。


機械学習と深層学習ではデータの量、コンピュートの要件が異なってくる。

 このように、AIについてある程度深い知識が求められているとDakete氏は繰り返す。「ITリーダーが理解しているかどうかが事業部門に影響する。現在のITは売り上げから予算を得る”コストセンター”だが、成功している企業ではITが事業部門とパートナー関係になり、新しい成長サイクルを生む存在になっている」。

 AIでやるべきことは、1)インフラ管理の自動化にAIを活用する、2)事業部と組み新しいイニシアティブを実現する、だ。

 具体的なアドバイスとしては、AIに対応したI&O管理ツールを使うこと、新たにAIスキルを習得するために再トレーニングを行うこと、AIのユースケースを活用してインフラを選定すること、だ。最も重要なのは「小さく始めること」という。Dekate氏は「最初から全てのデータソースを統合するのは不可能。最初からGPU搭載の高価なハードウェアを購入して、エンドユーザーに使ってもらおうと期待するのも間違い」と述べる。複数の小さなプロジェクトを平行して進めながら、自社の文脈に合うものを検証し、合わないならやめ、合うなら組織全体に拡大するというアプローチを推奨した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]