編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング
調査

世界パブリッククラウドサービス市場、2018年は21.4%増--ロックインの傾向も?

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-04-13 11:18

 Gartnerの発表によれば、2017年の世界的なパブリッククラウドサービスの売上高は1535億ドル(約16兆5000万円)だったが、2018年には、前年比21.4%増の1864億ドル(約20兆円)に増えるという。

 もっとも成長が速いセグメントはIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)で、2018年には、前年比35.9%増の408億ドル(約4兆3800万円)規模になると予想されている。Gartnerは、IaaS市場の上位10社の市場シェアについて、2016年には50%だったのに対し、2021年には70%近くにまで集中が進む見込みだと述べている。

Gartner
提供:Gartner

 Gartnerの調査ディレクターSid Nag氏は、Amazon Web Services(AWS)やGoogle、Microsoftなどの「ハイパースケール」と呼ばれる大手IaaSプロバイダーへの集中の進展は、顧客とほかのベンダーに「大きなチャンスと課題」をもたらすと述べている。

 1つの大手プロバイダーを全面採用するきっかけとなるのは、プロバイダー1社を選択することが容易で、(少なくとも最初は)安価に調達できることだ。エンタープライズソフトウェアの時代にも多くの最高情報責任者(CIO)が同様の選択をしているとの見方もある。

ロックインへの注意が必要?

 課題の1つとなる可能性があるのは、クラウドプロバイダーへのロックインの問題だ。一度、アプリケーションやデータを特定のクラウドプラットフォームに移してしまえば、そのクラウドプロバイダーから離脱するのは困難になり、費用もかかる。

 Gartnerは、顧客がクラウド間でアプリケーションやデータを容易に移行できる手段を要求するようになると述べているが、それが実現するかどうかはまた別の問題だ。

 発表によれば、クラウド売上高でもっとも大きいセグメントはSaaS(サービスとしてのソフトウェア)で、2018年には前年比22.2%増の736億ドル規模(約7兆9000万円)の市場になるという。さらにGartnerは、2021年にはSaaSに対する支出が全アプリケーション支出の45%を占めるようになると予想している。

 PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)分野でもっとも成長が速いセグメントはdbPaaS(サービスとしてのデータベースプラットフォーム)で、2021年には100億ドル(約1兆円)弱の市場規模に成長する。ハイパースケールクラウドプロバイダーはサービスの幅を広げており、dbPaaSも提供するようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]