編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Googleドライブ」有料版が「Google One」に改称へ--家族プランや特典も

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-15 07:47

 「Googleドライブ」の個人ユーザー向け有料版が刷新される。名称が新しくなり、新しい特典が提供され、データストレージの料金が引き下げられる。

 今後数カ月間で、まずは米国から、Googleドライブの個人ユーザー向け有料ストレージプランが、すべて「Google One」プランに変更されるという。Googleが米国時間5月14日に発表した。「G Suite」の一環としてGoogleドライブを使用するビジネスユーザーは対象外。


 この変更により、Googleの個人ユーザー向けストレージプランは、「Dropbox」やMicrosoftの「OneDrive」といったサービスに対する競争力を高めることになる。

 Google Oneの料金プランは、100Gバイトで月額1.99ドル、200Gバイトで2.99ドル、2テラバイトで9.99ドル。既存のGoogleドライブには、1テラバイトで9.99ドルのプランがあったが、これは追加料金なしで2テラバイトのプランにアップグレードされる。

 Google Oneには、最大30テラバイトまでのプランがあり、2Tバイトを超えるプランの料金はこれまでと変わらない(30テラバイトで月額299.99ドル)。

 新しい料金体系に加えて、Google Oneでは、家族プランが用意されている。最大5人の家族を1つのプランに追加することができ、個々にプランに加入するのと同じように、家族の一人一人に専用のプライベートなストレージ空間が提供される。

 さらにGoogle Oneでは、「ワンタップ」でGoogleのエキスパートにアクセスして、一般ユーザー向け製品やサービスについて相談することができる。また、「Google Play」で使えるクーポンや、Google検索で見つけた一部のホテルの優待サービスといった特典もついている。

 個人ユーザー向けGoogleアカウントには、15Gバイトの無料ストレージがついているが、Googleが指摘しているように、スマートフォンの使用や、4K動画や高解像度写真の増加に伴い、ユーザーはますます多くのストレージを使用するようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]