編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Rackspaceがセールスフォースのパートナー企業RelationEdgeを買収

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-21 11:13

 Rackspaceは米国時間5月17日、RelationEdgeの買収を発表した。RelationEdgeはSalesforce.comのコンサルティングパートナーで、Rackspaceは自社のサービスとしてのIT(IT as a Service)ポートフォリオにSaaSの専門知識を加えることになる。

 RelationEdgeは2013年にカリフォルニア州サンディエゴで立ち上がった非公開企業。顧客企業がSalesforce技術を活用してビジネスプロセスを改善し、デジタルマーケティングを使って顧客エンゲージを強化することなどを支援する。

 RelationEdgeは米国内に十数拠点を構え、従業員は125人。すでに黒字化している。Rackspaceの下でも独立性を維持し、RelationEdgeのブランドは残り、経営陣もそのままとなる。

 Backspace Application Servicesのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのGerard Brossard氏は、買収は顧客の需要を受けてのものと説明している。

 「大企業と中規模企業はSaaSアプリケーションを利用して、営業、マーケティング、顧客サービス、オペレーション、人事、財務会計と多くの部署でビジネスプロセスの強化を図っている。これらのアプリケーションは多機能だが、実装は複雑であり、常に最新の状態を維持するにはコストも高くなる」とBrossard氏は声明文で述べている。

 2016年に非公開企業になってから、Rackspaceはクラウドプロバイダーとして競争する代わりに、顧客サポートサービスにフォーカスを移している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]