編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

日本MS、産業別注力分野「金融」にクラウドを--共同事業体の本格活動 - (page 2)

阿久津良和

2018-05-29 07:00

三井住友銀行 システム統括部 部長 高橋健二氏
三井住友銀行 システム統括部 部長 高橋健二氏

 三井住友銀行は新たなシステム構築の基盤として、2016年からOffice 365やMicrosoft Azureといったクラウドを採用しているが、同社は「世界基準のセキュリティや法令遵守に対応しると確認。1年にわたって対応して頂いた上で採用に至った」(三井住友銀行 システム統括部 部長 高橋健二氏)と説明する。

 社内コミュニケーションにSkype for Businessを業務活用し、効率化を実現。また、My Analyticsの一部運用も開始し、「同じ会議へ出席する時間の長さに気づかされた。役割分担を明確化し、作業時間を捻出したい」という若手職員の声を紹介。他方でCNTK(Microsoft Cognitive Toolkit)を用いたチャットボットエンジンを8カ月で独自開発し、職場や人事関連の情報照会や、グループ企業の顧客向けチャットボットへの展開も予定している。

住友生命保険 情報システム部 担当部長 兼 代理店事業部 担当部長 岸和良氏
住友生命保険 情報システム部 担当部長 兼 代理店事業部 担当部長 岸和良氏

 住友生命保険は保険加入者の健康をサポートする健康増進型保険「住友生命Vitality」を、ソフトバンクと南アフリカのDiscoveryの3社でMicrosoft Azure上に構築した。その選択理由として住友生命保険は「開発拠点がインドやフィリピンなど海外にあり、英文ドキュメントの充実ぶりや、24時間365日の稼働実績を踏まえて選定。

 特に監査対応力を高く評価した。われわれは個人情報を多数保持しているため、監督官庁から厳しい対応を求められる」(住友生命保険 情報システム部 担当部長 兼 代理店事業部 担当部長 岸和良氏)。同社のシステム運用はオンプレミスが中心だったが、迅速なビジネス・サービスの展開を実現するためクラウドへの移行を順次行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

  3. 開発

    初心者でもわかる「コンテナとは?」から語るセミナー、ピュア・ストレージが最大の買収で得たものとは

  4. 運用管理

    リモートワイプ以外も充実、最新MDMのデバイス管理機能 担当者が知っておくべき3つの新常識

  5. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]