編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

AT&Tとグーグル、クラウドサービスで提携

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-30 10:31

 AT&Tは米国時間5月29日、Googleと新たに提携し、より堅牢なクラウドサービスのポートフォリオを構築していくと発表した。その手始めは、Googleの「Partner Interconnect」サービスに関するものとなる。

 Partner Interconnectを利用することで、企業は「Google Cloud Platform」(GCP)に安全に接続できる(GCPには「Cloud VPN」や「Dedicated Interconnect」を利用して接続することもできる)。Googleは4月にも、複数のインターネットサービスプロバイダー(ISP)との提携を発表している。これは、顧客のデータセンターが「Google Cloud」のリージョンから地理的に遠く離れている場合もプライベートな接続を可能にするものだ。なお、AT&T経由でGCPに接続する企業は、「AT&T NetBond for Cloud」を利用することになる。これは、公共のインターネットを介さず、複数のクラウド環境間で企業のワークロードを移動できるようにするサービスだ。

 さらにAT&Tは、同社が提供するクラウドベースの音声およびコラボレーションサービス「AT&T Collaboration」経由で、Googleの生産性ツール「G Suite」を利用可能にする。これにより企業はキャリアグレードの音声品質と、G Suiteのセキュリティを手にできるようになる。

 AT&T Businessの最高製品責任者(CPO)Roman Pacewicz氏は発表に、「(AT&Tは)エッジからエッジまでの能力を駆使し、企業の変革を支援していくことにコミットしている」と記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]