編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

NTT Com、100GbE対応のソフトウェアPCルータを開発

NO BUDGET

2018-06-12 09:28

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は6月11日、100GbE対応の高速ソフトウェアPCルータ「Kamuee」の開発に成功したと発表した。

 「Kamuee」は、同社が東京大学と共同開発したルータの経路検索アルゴリズム「Poptrie」を活用し、多数の経路情報が登録された状態でのパケット転送機能において、ソフトウェアPCルータとして世界トップレベルの処理速度を実現している。

Interop Tokyo 2018のShowNetで展示される「Kamuee」
Interop Tokyo 2018のShowNetで展示される「Kamuee」

 一般的に、大容量通信を行うコアルータは、経路検索を高速に処理するCPUを搭載した専用機器として導入され、数千万円規模の費用と長期にわたる構築期間が必要とされる。だが「Kamuee」は、一般的なCPUを利用し、大容量通信のための専用機器と同等以上の性能を実現できる。

 「Poptrie」の活用による経路検索の高速化では、経路情報の検索に必要となる処理を軽減し、次に、経路検索処理に必要とされるメモリを大幅に圧縮する。これにより、全経路情報をCPUキャッシュに載せることができ、経路検索時にCPUがメモリを参照する回数が削減される。

 また、Intelが開発したソフトウェア、DPDK(Data Plane Development Kit)を採用し、NTT Comの独自のモデルを用いることによってパケット転送の高速化を実現した。

 NTT Comでは、大規模ネットワークを構成するコアルータのみならず、小規模ネットワークにおいてユーザー自宅内に設置するCPEルータ、複数の仮想サーバなどを稼働させるSDN(Software-Defined Network)における仮想ルータとしての利用が期待できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]