編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

グーグル、「App Maker」の一般提供を開始--「G Suite」向けローコード開発環境

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-15 10:05

 Googleは米国時間6月14日、「G Suite」向け開発ツール「App Maker」の一般提供開始を発表した。App Makerは、業務用途のカスタムアプリを構築するためのローコード開発環境だ。

 同開発環境は一般提供の開始にあたり、複数の機能強化が図られている。これらの機能には、開発したカスタムアプリの所有者や利用統計、OAuth権限に関する可視性をG Suite管理者に提供するといったものが含まれている。また、OAuthのホワイトリスト機能により、管理者は承認していないアプリの実行を禁止できるようにもなる。

 なお、App Makerは「Google Cloud Platform」のアカウントを持っている顧客に対して「Cloud SQL」の組み込みサポートも提供する。これにより「Bring Your Own Database」モデルがサポートされるため、顧客はJDBC APIやREST APIを用いることで、自身のデータベースを接続できるようになる。

グーグル、「App Maker」の一般提供を開始

 App Makerでは、「Gmail」「Google Calendar」「Google Sheets」のデータやサービスとアプリを連携させることもできる。また「Apps Script」を使えば40以上のGoogleのサービスとの連携も可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]