編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

仮想サーバ約700台の運用を自動化--運用負荷と作業ミスを低減

NO BUDGET

2018-07-02 11:56

 中古車買取販売の「ガリバー」を運営するIDOMは、サーバーワークスのAWS運用自動化サービス「Cloud Automator」を導入した。サーバーワークスが6月27日に発表した。

 IDOMでは、2011年からAWSの利用を始め、現在はほとんどの情報システム基盤を移行している。運用する仮想サーバの台数はおよそ700台。従来はスクリプトでシステムの起動、停止などを制御していたが、作業の煩雑さや人的ミスのリスクが課題となり、ジョブコントローラの導入を検討してきた。

 Cloud Automatorの導入後は、「ジョブ自動化」と「構成レビュー」の各機能を利用している。ジョブ自動化では、業務開始と終了時間に合わせた仮想サーバの起動停止、データの定期バックアップといった運用作業を自動化した。

 構成レビューでは、AWS Identity and Access Management(IAM)の権限管理設定やポートチェックなど、運用ポリシーに従ってAWSが運用されているかどうかを自動で確認している。また決められた設定の漏れや、重要な変更などがあればメールで通知を受け取るようにしている。

 IDOMでは、これらの機能を活用することで、運用負荷と作業ミスを低減し、システムインフラ全体の可用性を向上したと評価している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]