編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
PDF Report at ZDNet

SoEとSoRを改めて考える

PDF Report@ZDNet

2018-07-11 10:28

 ここ数年、企業の間で注目を集めている概念に、SoR(Systems of Record)とSoE(Systems of Engagement)がある。

 SoRは、ERPを含めた基幹系システムのトランザクション処理を実施するシステムを主に指すもので、構造化されたデータを整然としょりしていくイメージだ。

 一方で、SoEは、アパレル通販企業などがタブレット端末アプリなどを素早くつくり、市場が熱い内に商品を売り切るようなモデルを構築する。画像や動画といった非構造化データを交えたシステム開発を交えることも多い。

 IT部門の多くはSoRをベースにしたシステム構築には慣れているが、SoEを実践する経験はあまり積んでいない。SoEでは、「動けばいい」という発想ではなく、「思わず使いたくなるようなデザイン」などが求められるため、UIUXなどの知識も要求される。

 外部環境の変化として、SoEへの対応の要請を企業はどうとらえていくべきか。関連する記事を集めた。

SoEとSoRを改めて考える

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]