編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Linuxの「SegmentSmack」脆弱性、一部ディストリビューションは既に対処

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-10 15:47

 セキュリティ上のリスクは、しばしば大々的に取り上げられる。カーネギーメロン大学(CMU)のセキュリティ研究機関であり、信頼の置ける情報を数多く発信してきているCERT Coordination Center(CERT/CC)は米国時間8月6日、LinuxカーネルのTCPネットワークスタックに「受信したすべてのパケットに対して、tcp_collapse_ofo_queue()とtcp_prune_ofo_queue()という極めてコストのかかる呼び出しを実行するように仕向け、DoS攻撃を引き起こせる」可能性のある問題が発見されたと発表していた。

 「SegmentSmack」という印象的な名前がつけられたこの脆弱性を悪用することで、DoS攻撃を引き起こせるのは間違いない。しかし、Linuxカーネルのバージョン「4.9.116」と「4.17.11」の双方には既に、修正されたコードが搭載されている。

 ただ、Red Hatをはじめとする一部のLinuxディストリビューターらが、新たなパッチを適用した自社OSのアップデートをまだ提供していないのも確かだ。しかし、それも時間の問題だろう。SUSEをはじめとするLinux企業は、自社のLinuxディストリビューションに対してパッチを適用済みだ。

 なお、システムを攻撃するには、到達可能なオープンポートを用意し、双方向のTCPセッションを確立しておく必要がある。要するに、偽の(つまり、なりすました)IPアドレスを使った攻撃はできない。確かに最悪のシナリオでは、攻撃者は2000パケット/秒未満の攻撃トラフィックで、影響を受けるホストやデバイスを停止に追いやることができる。しかし、現実的に考えた場合、データセンターに出向いて電源プラグを引き抜く方が攻撃の成功率は高いと言えるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]