編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

マイクロソフトの「PowerShell Core」がLinuxでSnapパッケージとして利用可能に

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-24 12:16

 誰がこんな展開を予想しただろう。「Windows」と「Linux」といえば、水と油のような関係だった。しかし近年になって、MicrosoftはLinuxを受け入れるようになっており、特にサーバとクラウドでそれが顕著である。そして、Windowsのシェル言語「PowerShell」が「Ubuntu」のSnapとして、Linuxで使えるようになった。

 Snapはコンテナ化されたソフトウェアパッケージだ。Snap内のプログラムは、あらゆる主要なLinuxシステムに修正なしでインストールできる。それが可能なのは、開発者がプログラムの最新ライブラリをコンテナ化したアプリケーションにバンドルするためだ。例えば、Snapを利用することで、「PowerShell Core」をFedoraopenSUSE、さらにCanonicalのUbuntuにインストールできる。

 新たにオープンソース化されたPowerShell Coreは、1月よりLinux、「macOS」、Windowsで利用可能になっている。しかし、アプリケーションを昔ながらの「rpm」や「deb」などのパッケージで提供するのは簡単でないため、Linuxディストリビューション向けに提供するのは容易ではなかった。

 PowerShellは「NET Framework」上に構築されたタスクベースのコマンドラインシェルとスクリプト言語であり、MicrosoftはPowerShell Coreがハイブリッドクラウド管理用のユビキタスな言語になることに期待している。システム管理者やパワーユーザーが、複数のOSの管理、そしてそれらOS上で動作するアプリケーションに関連するプロセスの管理を、素早く自動化できるようになっている。

 これにより、Linuxのシェル言語として最も人気が高く、現在はクラウド管理にも使用されている「Bash」とPowerShellが競合することになる可能性があるのは興味深い。Microsoftは、「Windows Subsystem for Linux」によって、LinuxをWindowsにもたらした。しかし実際には、PowerShellが「Windows Server」にとって最良であり、BashがLinuxサーバにとって一番のシェル言語であることに変わりはないかもしれない。

 MicrosoftのPowerShell担当プログラムマネージャーであるJoey Aiello氏によれば、Microsoftは「https://packages.microsoft.com/で提供している、当社の従来型スタンドアロンLinuxパッケージも引き続きサポートする」意向である。

 Microsoftは、テスト段階のバージョンを試してみたいユーザー向けに、「PowerShell Preview」も公開している。個別のSnapとして提供しているため、安定したバージョンとプレビュー版を同時に稼働させることもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]