編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ラック、産業制御システム向けのリスク評価サービスを提供

NO BUDGET

2018-08-28 06:00

 ラックは、「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を発表した。工場におけるネットワーク化された制御系システムに対し、サイバーセキュリティリスクを総合評価するもので、不正アクセスやウイルス感染などによる機器の誤動作や、工場の稼働停止など産業制御システム特有のセキュリティリスクに最適な対策を講じることができる。

サービスイメージ
サービスイメージ

 ラックでは、調査によって工場のネットワーク上には管理部門が把握していない裏口や、必要な時だけ形成される経路の存在を確認しており、IoTなどの進展に伴い、産業制御システム等は「完全閉鎖ネットワーク」ではなくなっているとしている。

 リスクアセスメントには、この分野で先行する米国の標準である「NIST Cyber Security Framework」、国際標準「IEC62443」などの考え方を踏まえた独自のフレームワーク「LAC-ICSSS(Industrial Control System Security Standard)」を用いる。同フレームワークは日本の製造現場に適したもので、同社のセキュリティ監視サービス「JSOC」やセキュリティ事故に即応する「サイバー救急センター」などで長年にわたり培ってきた知見や、研究開発部門「サイバー・グリッド・ジャパン」で調査している動機・手口などの脅威情報を活用している。

チェックポイントの一覧
チェックポイントの一覧

 同サービスでは接続点におけるACL(Access Control List)の一行一行を調査する。実際の機器のセキュリティ調査を加えることで、産業情報システムネットワークに潜むリスクを把握し、実際に事故を防止する。

 また、リスクアセスメントの対象システムで考えられる脅威シナリオを具体的に想定し、必要な対策がどのような強度で取られているかを評価する。そのため、具体的な脅威シナリオに即して深刻性の評価や、代替案の検討が可能となり、ビジネスへの影響を脅威シナリオごとに評価・検討することができる。平均的なサービス価格(税抜)は700万円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]