秋田銀行、情報ポータルを構築--意思決定の迅速化と業務の電子化を促進

NO BUDGET

2018-08-28 14:30

 秋田銀行は、日本ユニシスが提供する情報ポータル「POWER EGG」を導入した。書類の回覧や決裁に情報ポータルを用いて、報告と申請に関する業務の円滑化と電子化を進める。意思決定の迅速化や指示内容・期限の徹底といった効果も見込む。

 POWER EGGは、ディサークルが開発した製品。プッシュ型のポータルやワークフローなどの機能を備える。2018年7月末時点で、金融機関や自治体など1284組織、約40万6000ライセンスの販売実績がある。

 秋田銀行では、営業店と本店での本番利用を始めており、今後も情報ポータルを使って業務や情報の可視化を図っていくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]