編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、検証用スマートシティ向けデータ流通基盤を沖縄県に設置

NO BUDGET

2018-08-30 09:46

 NECは8月29日、検証用スマートシティ向けデータ流通基盤を沖縄県に設置し、10月から運用を開始すると発表した。この基盤は、欧州連合(EU)の「次世代インターネット官民連携プログラム(FI-PPP)」で開発・実装された基盤ソフトウェア「FIWARE」を活用している。

 FI-PPPは、EUの第7次研究枠組計画におけるICTプロジェクトで、3億ユーロの予算の下、2011年から5年計画で実施されている。FIWAREは、FI-PPPが次世代インターネット技術における欧州の競争力強化と、社会・公共分野のスマートアプリケーション開発を支援するために開発した基盤ソフトウェア。仕様はオープンかつロイヤリティフリーで、オープンソースソフトウェアによるリファレンス実装と、オープンAPIを持つ。

活用イメージ
活用イメージ
検証用スマートシティ向けデータ流通基盤の概要と提供機能一覧
検証用スマートシティ向けデータ流通基盤の概要と提供機能一覧

 沖縄県に設置されたのは、NECが提供するスマートシティ向け「データ利活用基盤サービス」の検証用環境。今後は国内だけでなく、アジア企業・官公庁をターゲットに無償提供する。同環境では、スマートシティ向けのアプリケーションをはじめとするサービス開発や各種IoTゲートウェイ・デバイスの接続検証や基盤のモジュール開発、オープンデータなどのデータ連携検証などに活用できる。これにより、企業におけるアプリケーション開発者やソリューションプロバイダー、公的機関、研究機関など、さまざまな組織や企業、個人が共創し、データの利用や活用に向けた検証ができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]