編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

グーグル、「Kubernetes」関連のクラウドリソースの統制をCNCFに委譲へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-30 11:06

 Googleによって生み出されたコンテナ管理プログラム「Kubernetes」は2015年に、当時設立されたばかりのCloud Native Computing Foundation(CNCF)に寄贈された。その後、CNCFはKubernetesプロジェクトの方向性を、インキュベーション段階を通じて定める一方、Googleは継続的インテグレーション/継続的デリバリ(CI/CD)インフラや、コンテナイメージのダウンロードリポジトリを含むクラウドリソースの管理と資金提供を続けてきた。

 Googleは今後、これらリソースのコントロールをCNCFのコミュニティーメンバーらに委譲し、プロジェクトにおける日々の運営管理を任せる。この動きを支援するために同社は、向こう3年分の「Google Cloud Platform」のクレジットとして900万ドルを提供する。このクレジットは、スケーラビリティのテストや、必要となるネットワーク容量やストレージ容量のコストにあてられるという。

 Googleのプロジェクトとして始まったKubernetesは、世界で最も普及しているオープンソースプロジェクトの1つにまで成長した。CNCFは2017年に同プロジェクトの成長を促進するために、一連のKubernetes認証標準を策定し、MicrosoftやOracle、Google、IBMといった主要CNCF参加企業からの支持を得ている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]